HOME | 2nd General Meeting

プログラム


1日目 (11月14日)

2日目 (11月15日)

開催概要



JPAAWGは、M3AAWGと連携し、日本でインターネットのセキュリティについて議論するワーキンググループとして新たに発足しました。

グローバルで議論されている議題だけでなく、日本独自の課題についても、通信事業者、メール配信業者、クラウド・ホスティングサービス提供者等のエンジニア・マネージャーと情報交換をし、サイバー攻撃の対策を検討していくことを目的としています。

第一回目は、2005年から開催してきた(一財)インターネット協会 迷惑メール対策委員会による、第19回迷惑メール対策カンファレンスとの併催イベントとして開催します。M3AAWGで活躍している、世界屈指のネットワークオペレーターを招聘して、送信ドメイン認証DMARC、BEC(ビジネスメール詐欺)、SNSセキュリティなど最新のセキュリティ情報をご提供いたします。

*M3AAWGとは、迷惑メール、フィッシング、マルウェア、DoS攻撃、ボット…あらゆるインターネット技術の悪用・不正行為と闘うために、有識者を中心に世界30カ国230以上のネットワークオペレーターやセキュリティベンダーが参加して情報交換、議論、対策を行うグローバル組織です。

https://www.m3aawg.org

名称

JPAAWG 2nd General Meeting

第19回 迷惑メール対策カンファレンス

日程

2019年11月14日(木)10:00~17:40

2019年11月15日(金)10:00〜17:05

会場

ベルサール飯田橋ファースト

〒112-0004 東京都文京区後楽2-6-1住友不動産飯田橋ファーストタワーB1 ベルサール飯田橋ファースト 「飯田橋駅」C3出口徒歩4分(大江戸線)

主催

JPAAWG 運営事務局

一般財団法人インターネット協会 (迷惑メール対策カンファレンス)

後援

(第18回迷惑メール対策カンファレンス) 総務省

警察庁

独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)

一般社団法人 テレコムサービス協会(TELESA)

一般社団法人 電気通信事業者協会(TCA)

一般社団法人 日本インターネットプロバイダー協会(JAIPA)

一般財団法人 日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)

一般財団法人 日本データ通信協会(JADAC)

一般社団法人 日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)

日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)

迷惑メール対策推進協議会(ASPC)

Internet Society Japan Chapter(ISOC-JP)

一般社団法人JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)

WIDE プロジェクト(WIDE)

対象

通信事業者のセキュリティ担当、電子メールサービス担当、メール配信業者、クラウド・ホスティングサービス提供者等のエンジニア・マネージャー

参加費

無料(事前登録制、ただしトレーニングセッションは有料)

来場者数

300名