HOME | JPAAWGについて

event

10月にアナウンスされたGoogle と米国Yahoo! メールで2024年2月から実施する迷惑メール対策強化について、その概要について 説明します。Q&Aセッションおよびディスカッションを実施します。

Googleおよび米国Yahoo!のアナウンスについて


https://blog.google/products/gmail/gmail-security-authentication-spam-protection/ https://blog.postmaster.yahooinc.com/post/730172167494483968/more-secure-less-spam

2社のアナウンスの主な要点を整理しますと、

  • 2社に対してメールを送信する、メール送信ドメインにおいて、送信ドメイン認証(SPF、DKIM、DMARC)の設定が必要となる
  • 特に一日5000通のメールを送信するメール送信者にはより厳しい送信ドメイン認証の設定が求められる
  • 一⻫メール送信する場合は、簡便な購読解除機能の実装が必要となる
  • 受信ユーザーが求めないメールは送信しない(Complaints rate 0.3%未満)

という要件が必須となり、2024年2月から順次適用される、というものです。

このWebinarでは、JPAAWG有志が収集した情報を元にこれらのアクションの説明するとともにQ&Aとディスカッションを行います。

セミナー概要


日時: 2023年12月15日(金) 13:00〜
開催形式: Zoomを利用したWebinar形式
主催: JPAAWG
後援: フィッシング対策協議会
申込締切: 2023年12月15日(金) 11:00まで

タイムテーブル


13:00 - 14:00: 概要説明
14:00 - 14:10: 休憩
14:10 - 15:40: Q&Aおよびディスカッション

お申し込みはこちらから



JPAAWG について


Japan Anti-Abuse Working Group (JPAAWG) は、 インターネットを中心とした電気通信環境の利用促進を目的とし、 それらの健全な発展を脅かす各種ネットワーク上の脅威に対抗するため、 Messaging, Malware and Mobile Anti-Abuse Working Group (M3AAWG) と連携した活動を行う組織です。 JPAAWG では、 インターネット利用者や事業者などに的確な理解を促すための情報提供や注意喚起を行うとともに、 今後の動向を的確に把握しつつ、 技術・制度的対応などを検討することによりインターネットを中心とした電気通信のより健全な発展に貢献する活動を行います。

JPAAWG が対象とする分野は、 メッセージングセキュリティを中心に M3AAWG と同様にインターネット上の様々な脅威について対策を検討していきます。 検討にあたっては M3AAWG を含め様々な組織とも連携した活動を目指します。 定期的な General Meeting を開催することで、JPAAWG 以外の方々とも連携した活動を行います。